MENU

素行調査が失敗となってしまう場合とは?しっかりした探偵へ依頼すること

激安料金にこだわっていませんでしたか?

 

そのため調査に手抜きをされることも。。。。

 

もちろん大手探偵でも浮気・素行調査で失敗することもありますが、その原因はアナタだったりすることも。

 

素行調査が失敗となってしまう場合とは

素行調査が失敗となってしまう場合としては、浮気の調査を行った場合、絶対に黒であると確信をしているのにも関わらず、黒の調査報告書をもらう事ができなかった場合や、素行調査を行っている事が、調査対象者にばれてしまった時など、失敗であったと言えるでしょう。

 

よくあるケースは浮気している旦那に、依頼者の妻が、あれこれいま浮気について聞いてしまうこと。
愚痴や不満も調査対象者の警戒レベルをあげて、証拠をつかむことが困難になります。

 

いつも決められている曜日に、確実に浮気をしている事がわかっている場合、ピンポイントに曜日を指定して調査を依頼する事になるかと思いますが、その日に限って浮気相手と接触しないという事もあります。

 

ただ予定が合わなくて会う事がなかったのか、お相手と上手くいっていないのか、素行調査を行っている事に気が付いてしまったのかはわかりませんが、証拠を掴むことができなければ、失敗となってしまいます。たとえ失敗となってしまった場合でも、探偵社や興信所は動いているわけですから、お金を支払わなければいけません。

 

中には数日間事務所と契約をし、100万円近い金額を使ったのにも関わらず、調査が失敗となってしまうような事もあります。

 

そのような事を避けるためには、探偵社や興信所選びに注意をする事が大切となります。

 

広告に引かれて契約をしたり、料金に惹かれて契約をしたりと、契約をした理由があるかと思いますが、その事務所の実績を調べた上で契約を行わないと、その調査が失敗となりやすくなってしまいますから、注意が必要となるのです。

 

実績を積んでいる探偵社の場合には、調査対象者にばれないように、依頼者への注意点なども伝えられる事になるでしょう。